活動報告
Report

平成29(2017)年度のゴルフ場来場者数について【速報】
2018/4/10

平成29年ゴルフ場来場者数は前年の平成28年と比較しても大きな減少にはなっていないため
横這いともいえる状況ですが、速報値によりますと 8,656万人(前年比-0.3%)でした。
その内訳は非課税ゴルファーが 1,680万人。104万人増加し、全体の19.4%を占めています。
その比率が最も顕著な神奈川県では29.7%にもなり、さらに高くなることが予想できます。
一方、課税ゴルファーは減少を続けております。
平成29年の課税ゴルファーは 6,974万人(前年比-1.8%)となっています。

平成15年に70歳以上と18歳以下のゴルファーが免税措置になりました。
10年前の平成20年と比較しますと、課税ゴルファーは 1,201万人の減少になっています。
つまり、20歳代から60歳代の元気なゴルファーが減少していることを示しています。
これを見ても「若い年代のゴルフ参入」を促進することが
ゴルフ界の大きなテーマになっています。
                              理事長 大西 久光

平成29年全国ゴルフ場来場者数暦年比較【速報値】(一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会)より